虫が出なくのぼるみたい必死にすきを塞いだけど、効果はあるだろうか。

うちは先ずリフォームしたとはいえ、所々が古くてよく虫が出る住宅だ。
その中でも今年は猛暑で豪雨が多いという虫にとりまして最適な状況らしく、今までで一番虫が現れる時代になりました。

梅雨がおわり、夏の間はまだいいのですが、間もなく秋になってくるとムカデが繁殖期を迎えます。グングン寒くなれば、寒さをしのごうという虫たちが大量に入ってくることになります。
それを防ぐ結果、余裕を塞ぐ工事を完工しました。……といっても、中位のやることですけどね。

ターゲットは寝室に虫が入り込まないやり方。そのため、ではふすまの片方にテープを貼り、完全に余裕を塞ぎます。これだとふすまが開けられない結果、もう一方は吸音テープを上手く張って、余裕をできるだけ落としました。

窓も日常からきし開けないところは余裕をふさぐみたい、テープで塞ぎます。
住所によっては耳栓をぐいっと押し込んで、二度と厳重にガードします。

畳の余裕や到底テープが張れないことには、市販の虫よけの錠剤を差し込んで、虫が侵入してこないように行なう。住宅の周囲の草刈りも徹底して行ない、殺虫剤をあたりに敢然と撒きました。

これで虫がこなくなるようになるといいのですが、なにせ古臭い住宅なので、でも応急処置程度のインパクトしかないような気がします。ローンが残っている車を売りたい