ホラン千秋くんというウエンツくんの見分けがつかない

近頃テレビジョンを見ていて思ったのですけれど、ホラン千秋くんは色つやが白くて、いやにお肌の綺麗なクライアントですね。
お父様がアイルランド人のハーフのクライアントだということで、その抜け落ちるような白いと言うのはお父様ゆずりなのですね。
ぱっぱと良い鼻筋という、かわいらしい丸っこい瞳が、抜け道をよりすばらしく見せるのだと思います。
近頃28年齢だと言うことですが、汚れもそばかすもないように見える。
いまどきのテレビジョンは果たして細部まで見えるので、お化粧を異常に分厚く塗っていらっしゃる姿勢まできちん見えてしまうし、太く塗ったメイクにシワが割れて要る姿勢もばっちり思えます。
も、ホランくんの肌は白く細密で極めて自然に窺えるので、お化粧で細工していない天性の白人の血液が混ざった美しい人様ですと思います。
そういったホラン千秋くんと、歌手のウエンツ瑛士くんを見間違えました。
こういうお二人、髪型も似ていて、目鼻立ちも似ていて、「あ、ウエンツです」という思ったらホランくんで「ホランくんです」という思ったらウエンツくんだったりするのです。
ウエンツくんもドイツチックアメリカンのお父さんとのハーフだと言います。
お二人とも断然ヨーロピアンの血液が混ざっているのが迫る傾向を生みだすのでしょうか。
ウエンツくんまで30年齢も過ぎているのに、テレビジョンで強化に映っても白一色で艶々なスキンが妬ましいだ。
あたいなんかスキンは白い人間だと思いますが、防ぎきれないUVで今はそばかすに悩まされている。
ホランくんやウエンツくんという透き通る白いスキンがうらやましくて仕方ありません。こちらから詳細もご覧ください